Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATI dimmable Sun power

注文から2か月ほど経ちましたが、ようやくT5が到着しました~
インディアナポリスから、UPSのハブ空港であるルイビルを経由し、アンカレッジ、成田と旅してきたようです。

IMG_5799_convert_20120811234202.jpg

そして、いざオープン!!!
今回購入をしたは、ATI dimmable Sun power 39W×8です。LEDのシステムライトですと、調光機能は一般的ですが、T5だと対応しているのはATIぐらいでしょうか?

IMG_5802_convert_20120811234228.jpg

反射板は、他社の商品と比べて効率が良いと、聞いています。

IMG_5804_convert_20120811234259.jpg

バルブは8本注文しました。
ATI Blue plus × 4本
ATI Aquablue Special × 2本
KZ Fiji pink × 1本
KZ Coral Right × 1本

IMG_5806_convert_20120811234321.jpg

バルブの配列はこんな感じです。以前、MMCのオプティマスを一時的に使っていたことがあるので、色合いは大体イメージできていました。ATI Aquablue Specialは15,000Kで、KZ New Generationとほぼ同じですが、青さを残しつつ、広いスペクトルを確保できるので、使い勝手が良いです。もっと多く使っても良いのですが、KZ Fiji pinkと、KZ Coral Right(10,000K)を加えたので、ATI Blue plusを大目にしてみました。もし色上がりがイマイチだった場合は、この内の1本を、ATI Aquablue Specialに変更するかもしれません。

ATI Blue plus
ATI Aquablue Special
ATI Blue plus
KZ Fiji pink
KZ Coral Right
ATI Blue plus
ATI Aquablue Special
ATI Blue plus

IMG_5821_convert_20120811234402.jpg

設置は、水面から15cmほどの高さにしました。もう少し上に設置される方が多いようですが、私はAquablue Specialを4本入れているので、照度を落とさないようにという配慮で、そうしました。

IMG_5817_convert_20120811234347.jpg

コントローラーは、とにかく使い勝手が良いです。Mazarraは、細かく設定ができる分だけ、操作が煩雑でしたが、これは、非常にわかりやすく、簡単です。調光も一度試してみましたが、LEDよりも違和感がなく、自然に変化します。

photo_819_500_P1_convert_20120812003507.jpg

今回は、kotobukiのアーチを使ってみました。スタンドタイプだと、水槽の側面が見づらくなりますし、背面に固定するタイプは、いまさら設置が難しいし、ということで、これをチョイスしました。
ちなみにアーチ型だと、kotobukiの商品以外はオプションがありません。なぜかというと、カミハタなどの他社製品では、寸法的に枠に納まりませんw この不可思議なデザインのおかげで、余裕をもって設置することができました~ 耐荷重は10kgなので、対応範囲内です。

IMG_5822_convert_20120811234420.jpg

そして全景。アーチの高さがイマイチ気に入らないのですが、2段階しか設定ができず、下にさげるとポールが水槽の側面に掛かってしまうという仕様なので、やむを得ず・・・。

さて、T5に変えてみての感想ですが、見た目の照度は非常に高いと思います。ただし、光が柔らかく、LEDのようにギラギラしていないので、強光阻害によるSPSへのストレスは大分緩和されそうです。ZEOvitは殺藻に重きを置いて、パステル化するわけではないので、そういう意味では十分な光量かと思います。

それと均一に光をあてられるのはやはり良いですね。LEDはどうしてもスポットになるので、色ムラが出やすいですが、それも緩和されるとかと思います。

演色性については、大分よくなりました。Mazarraの時は3,500kのバルブが入っていたので、水槽がやや黄色く見えてしまうのが、嫌だったわけですが、全体的に青白くなったので、凄く気に入りました。また、T5は複数の色を組み合わせるので、どの色
のサンゴでも映えますね。

今後、どのように色が揚っていくか楽しみです。

最後に、ナチュラルのT5バルブの取り扱い状況が素晴らしいです。しかも安いですね。おすすめです。
http://www.natyu.ne.jp/image/specialitem/t5/page.html

フィジー産ミドリイシ

暑い~~~~~~~~~~~~!
否、熱い~~~!

クラウンフィッシュのフィジー便の大量入荷に併せ、ショップにお邪魔してきました!

いやー半端ないです。何がって、固体の美しさと大きさと、そして量と種類!!

例えば・・・人間の頭部ぐらいあるドピンクのショウガ郡とかw、ハンドボールぐらいあるSPSのクラスターとか、もうそんなん、ばかり。一般のお店だと、大きい固体は輸送時に溶けやすく、リスクが高いので、このサイズはまずとりません、さすがです。
エダもレア多数で、一つの根本から枝分かれしたそれぞれのエダが片方は青で、片方グリーンなんて固体も・・・。
あと猛烈綺麗な30cmぐらいあるクシハダピンクは、色がヤバかったです。大きすぎて断念しましたが、興味ある方は電凸しましょうw

ホームページにも、今回の入荷分の写真がUPされたようですが、凄さが伝わっていないような・・・。
近場の方はだまされたと思って足を運びましょう!w

さて、迷うに迷いましたが、GetしてきたSPSを紹介します。

20120807_フィジー産ミドリイシ

これ、大きさは20cmぐらいあります。激パステルイエローで、先端はパープルピンク。ピグメも全て色づいてます。気難しそうな色をしていますが、維持できるんだろうか・・・w オーナーは「余裕!」とか言ってたけどw

20120807_フィジー産ミドリイシ

下から見ると、こんな感じです、エダぶりが最高ですね。

20120807_フィジー産ミドリイシ

ぬおーーーこの固体だけ実物どおり写りません・・・。こだれだと、ただのクシハダのように見えますねw でもクシハダではないです。恐らくこの固体が、今回入荷分の当たり個体。初めてみました。中心はピンクですが、エッジとピグメは、濃いブルーなんです。写真では白く写ってますが・・・なんで?
とはいえこの固体も、パステルピンクを維持するのが難しそう。少しでも茶色に傾いたら一気に行くタイプですね。

20120807_フィジー産ミドリイシ

これも20cmオーバー。パステルイエローグリーンのハナガサ系です。フィジーのハナガサは、パステルの維持が比較的ラクです。

20120807_フィジー産ミドリイシ

これは、よくあるユビ系です。完璧に色揚がってますね~。フィジーのユビは2系統あるように思うのですが、このタイプの方が、パステル維持はラクです。

20120807_全景

4つも買ってしまったので、ライブロックも追加して、レイアウトを少しだけ変更。左の山を再度積みなおして、
下のほうにも固体を置けるよう、ひな壇にしました。右の山についても、左と同様に、後々変更する予定です。入っている固体はオージー1つと、インドネシアの養殖ハイマツを除いて全てフィジーです。

20120807_全景

横から撮ってみました。癒されます・・・。
後ろ1/3がまだ開いているので、ここにはエダ系を追加する予定です。

さて先日、といっても2ヶ月前に注文したT5ですが、ようやく出荷されたようです・・・。
この界隈では、最初に注文したはずなのに、いつの間にか後発にw

それにしても、T5ユーザーが増えましたね?(この界隈だけ?w)あと設置するショップも。
もちろん宣伝も兼ねているでしょうが、コーラルラボもT5でZEOvitを回しているようですし、ナチュラルもT5に変えましたね。あとB-BOXの松戸もT5に変えていました。

輸入代理店も頑張ってますね。PRSもATIを大幅に値下げしましたし、LSSのSfiligoiも改訂しました?安いけど。
sfiligoiは、12灯バージョンがあるんですよね~~~国内でこれを買っても良かったかも。
8灯だと、actinicとか入れる余裕がないですしね。光量稼げますし。

日本は、LEDかと思いましたが、まさかに大逆転??

オーストラリア産ミドリイシ

ここ最近は、ず~っと生体を追加していませんでしたが、B-BOXにオーストラリア産のミドリイシが入荷したというので、土曜日に八潮店へ行ってきました!

実は私、オーストラリア産のミドリイシを見るのは初めてなんです・・・。
ブロガーの方々が掲載している写真は何度も見ていますが、関東だとコンスタントに入荷しているのは、アクアラヴァーズぐらい? そうは言っても成田までは腰が重い・・・っということで、今回がお初となりました。

20120731_オーストラリア産ミドリイシ

購入したのはこちらの個体。枝が蛍光パステルグリーンで先端がピンク。

20120731_オーストラリア産ミドリイシ

横幅は15cmぐらい?あるので、オージーの中では大きめなサイズだと思います。厚みも結構あります。

っで他にも、定番のストロベリーとか、ブログで見かける固体は、だいたい入荷してましたが、お持ち帰りは1つだけ。何故かというと、コストパフォーマンスがイマイチだったので・・・。
例えばストロベリー、横幅12-14cmぐらいの固体で42,800円!もします。2-3cmの固体でも9,800円はしますので、
これならクラウンの大量入荷で、フィジーの極上を狙ったほうが良いと判断しました。

20120731_シライトイソギンチャク

そしてなんと、シライトイソギンチャク(1,580円也)を買ってしまいましたw
以前からハマクマノミを2匹入れているのですが、岩場を寝床にしている姿を見て、可愛そうに思い・・・つい。
SPS中心のZEOvit水槽で、イソギンチャクを入れるのは稀ですが・・・シライトは岩場と砂地の隙間に、根を張る習性があり、また我が家のレイアウトは、岩を積み上げているので大丈夫でしょう・・・。

実際に、若干移動はするものの、今のところ上には上がってきませんw
そして、クマノミ達も気持ち良さそうです。

カラーパターンは、ライトブルーグリーンにパープルチップ。なかなか美しいですよ~ 

20120731_前傾

さて、最後に全景。これでも後ろ半分ぐらい開いてます。まだまだ入りますね~ 後ろはさらにライブロックを積み上げて、ひな壇にしていく予定です。

そうそう、以前記事にしたT5。まだ来ません!担当は2-3週間とか言ってましたが、案の定、1ヶ月経っても到着しません。ブレないな~ 感心感心w

それではまたー!

ZEOvit立ち上げから半年

早いもので、2度目のZEOvit立ち上げから、もうじき半年。
前回はベルリンからの移行でしたが、フルリセットは今回が初めて。

各種パラメーターも安定し、今のところRTNやSTNなどの病気に悩まされることもなく順調に立ち上がってます。

ここ最近は、ショップめぐりをすることも無く、2ヶ月ほど生体を追加していませんが、既存の固体は、変化が著しい。

20120717_ミドリイシ

上記の写真はフィジー産のユビ系ミドリイシ。立ち上げ10日で入れたので、大部成長しています。色もパステルブルーに色揚がりしました。水槽前面に配置しているので、光のあたり具体はイマイチですが、T5で真上から落とせば、さらに濃くなる思います。



20120717_ミドリイシ

もちろん全ての固体が変化しているわけではないのですが、複数の固体が同時にパステル化し始めています。
これまでのように単体での変化ではなく、波を感じる。まさにZEOvitの効果を実感するタイミングだと思います。

20120717_ミドリイシ 

またここ最近の気づきとして、SPUR2の効き目がやばいです。それまでは、規定量を週一で添加していましたが、ウスエダ(2枚目の写真の右下)の先端が1日で白くなってしまいました。その後は、規定量の半分に添加量を抑えて様子をみましたが、今度は2枚目の黄緑のエダの色が、1日で薄くなりました。

これまでは規定量を入れも大した変化は無く、褐色化抑制のつもりで入れていましたが、今後は添加量を下げる、いやそもそも添加しないほうが賢明かもしれません。

上記のウスエダは、色素が飛んだので、色の再現が難しいと思われましたが、少しづつパープルに戻り始め一安心。

さて、先日注文したATI Sunpower Dimmable 39W×8ですが、メーカー在庫切れだそうです。
先週の時点で2-3週間掛かると言っていましたが、スケジュール通りに届くとは思えないので、忘れた頃に届くと思いますw

私の場合はMazarraから乗り換えますが、この商品は悪くないです。
半年近く使っていますが、色上がりもしますし、成長もします。ただ固体によって好き嫌いはありそうですね。
また、照射範囲が狭ので、多灯が前提です。私の水槽は900×600ですが、SPSを敷き詰める場合には5灯は必要だ感じました。

結局照明は、それぞれにメリット・デメリットがありますが、何を優先するかでチョイスが変わりますよね。
私の場合は、色揚げ重視。もちろんLEDでも細かく調整すれば、十分に機能を発揮するでしょうが、細かく設定できる分だけ、使ってみると私の性格上面倒に感じました。

これまで、メタハラ→LED→T5と移行していますが、全てを使ってみて何がベストか、自分なりに見極めてみたいと思います。

さて、今週は久々に買出しに出かける予定です。

久しぶりにブログ更新・・・

みなさんお久しぶりです!
ここのところ仕事が忙しく、またポジティブな意味で岐路に立っておりまして、アクアリウムから少し離れていました・・・(^^;

水槽は回していますが、以前のように熱心に世話ができず、状態はそれなりですw
そんな状況なので、3個体が部分白化し、色下がりした固体もあります。

ただ、ZEOvitシステムが本格的に稼働しだすまでに最低半年だと思っているので、基本の添加剤だけ継続し、あとは割り切ってます。

20120625_ati_sunpower

さて、そんな最中、ATI Sunpower Dimmable 39W×8を、通勤途中にスマホから注文w
以前からT5に移行する予定ではいたものの、タイミングを失っていたのですが、ある方からメールを頂いたのをきっかけに、勢いでポチりました。お店が在庫していないので、到着まで2-3週間はかかると思いますが、今の私にはちょうど良い。



youtubeで海外の動画を見つけました。

Mazarraはヤフオクに流しますので、欲しい方がいればお声がけ下さい。
Reef Ring1.023worldList Ranking
Prev5 PrevNext Next5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。