Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C77]

こんばんは!
いや~難しいですよね、
まず立ち上げ初期(私としては約1年)とみています。
この期間は添加剤でもバクテリア系でもつかみどころがなくて一進一退です。
ほんとうにみな環境がバラバラなので一概になにが良かれ、
という方程式が無いので手探りです。
それがまた楽しみ?なのだとは思います。

[C78] Damselさんへ

Damselさんもいろいろと試されているようですね~
立ち上げ初期は何かと問題が発生するので、気が気じゃないですよね^^; 私も、以前過ごした初期1年をもう一度体験するかもしれないと思うと、少し気が重くなります・・・。とはいえ、モチベーションの方が勝るので、無くのはお財布だけですが・・・

[C79]

ごぶさたしてます!
全く更新されなかったので、どうしたんだろうと思ってましたよ(>_<)

新しい水槽おめでとうございます。
やっぱり奥行き600にしたんですね!
私は逆に縮小です・・・。
ある意味、立ち上げ開始時期が一緒くらいになるのでまた情報交換しましょう。
そんな感じだったのでアクアレイにも全然行ってないです(T_T)

[C80] Ayaka-Papaさんへ

大変ご無沙汰しております。
ブログはちょいちょい拝見させて頂いておりましたよ!
水槽を縮小されるのですか~
ただ小さい水槽には小さい水槽なりの楽しみ方がありますよね。
アクアレイには、小型の激美個体がよく入荷しているので、
それをわんさかいれるのもまた妙味ですね~
またアクアレイでお会いしましょう!


コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilovecoral.blog101.fc2.com/tb.php/32-6b348aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新水槽の添加剤について検討してみる

引き続き親水槽の立ち上げ準備をしているわけですが、今回は添加剤について検討してみたいと思います

一口に添加剤といっても、さまざな主要・微量元素を、元素ごとに個分けにしたものもあれば、総合添加剤としてパッケージされているものもあります。また様々なメーカーが独自のコンセプトに基づいて商品化しているので、真剣に選び始めると、それはそれで大変な作業であります。ましてや、それなりの価格設定がされているので、慎重にならざるおえません。

もちろん購入可能な元素を全て添加できるに越したことはないのですが、ランニングコストを考えると、現実的ではありません。なので、自分の水槽のコンセプトにあった、独自のメソッドが必要になってくるわけですね。当然、コストもなるべく下げたいところ・・・。

自分の場合は、浅場と深場のミドリイシをメインに飼育するので、それに適した選択が求めれます。
特に浅場は、パステル系ミドリイシを中心に入れたいと思っているので、パステルカラーを維持しやすい環境を目指します。

まずミドリイシの骨格形成に欠かせない、カルシウムと炭酸塩の添加は必須になります。
併せて、カルシウムと炭酸塩の結合による沈殿を防ぐマグネシウムと、骨格形成を促進させるストロンチウムも重要です。カルシウムと炭酸塩、それからマグネシウムについて言えば、多くの方たそうしているように、リアクターを使ってメディアから供給するのが、コスト的にも効率的にもベストですね。今回もARMを添加するので、水槽をミドリイシで埋め尽くすまでは、マグネシウムもこれで十分だと思っています。

ストロンチウムについては、通常、人工海水にも含まれているので、水替えの頻度をそれなりに高めれば供給は可能ですが、これにはキーパーの時間を投資することになりますし、浄水器を使っていれば、フィルターの回転率が上がるので、決して安くはないと思います。

その上、プロテインスキマーによって、除去されていくので、水替えだけで追いつくのが厳しいと感じています。

またそういう意味では、その他の微量元素についても同様であり、ある程度は添加剤で補完してあげた方が良いと判断しました。

微量元素については、鉄、モリブデン、リチウム、バナジウム、スズ、セレン、ニッケルなど、上げだすとキリがなく、またそれぞれが、サンゴの成長や色揚げに、どのような影響を与えるのかが不明確で、判断するのが難しいと感じたため、これについては総合微量元素としてパッケージされた物で対応したいと思います。

それから、ヨウ素も入れたいところですね。
効果としては、病原菌を弱める働きと、サンゴの紫外線への免疫力を高めてくれるので、RTNなどのやっかいな災害を未然に防げます。また、メタハラがついているとすぐに消費されてしまうので、消灯後に添加剤で補うのが最適かと。後々の被害を考慮し、その保険と思えば安上がりかもしれません

最後に、栄養塩を減退させる添加剤。基本はスキマーで有機物をこしとり、バクテリアによる硝化→還元サイクルで対応しますが、パステル系ミドリイシを維持するためにも、極限まで硝酸塩を下げたいので、それを補完するものとして、AZ-NO3を添加したいと思ってます。すでに前回の水槽で試していますが、確実に硝酸塩を抑えます。
ただし、定常的に使うことは避けたいので、硝酸塩が試薬レベルで0では無い場合に使う予定です。

さて、この他にもZeovitに関連した添加剤を中心に、試してみたいものは山ほどありますが、
添加剤に頼りすぎると、それ前提でなければ維持できない環境を作ってしまうので、まずはこれぐらいからスタートをしてみたいと思っています!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C77]

こんばんは!
いや~難しいですよね、
まず立ち上げ初期(私としては約1年)とみています。
この期間は添加剤でもバクテリア系でもつかみどころがなくて一進一退です。
ほんとうにみな環境がバラバラなので一概になにが良かれ、
という方程式が無いので手探りです。
それがまた楽しみ?なのだとは思います。

[C78] Damselさんへ

Damselさんもいろいろと試されているようですね~
立ち上げ初期は何かと問題が発生するので、気が気じゃないですよね^^; 私も、以前過ごした初期1年をもう一度体験するかもしれないと思うと、少し気が重くなります・・・。とはいえ、モチベーションの方が勝るので、無くのはお財布だけですが・・・

[C79]

ごぶさたしてます!
全く更新されなかったので、どうしたんだろうと思ってましたよ(>_<)

新しい水槽おめでとうございます。
やっぱり奥行き600にしたんですね!
私は逆に縮小です・・・。
ある意味、立ち上げ開始時期が一緒くらいになるのでまた情報交換しましょう。
そんな感じだったのでアクアレイにも全然行ってないです(T_T)

[C80] Ayaka-Papaさんへ

大変ご無沙汰しております。
ブログはちょいちょい拝見させて頂いておりましたよ!
水槽を縮小されるのですか~
ただ小さい水槽には小さい水槽なりの楽しみ方がありますよね。
アクアレイには、小型の激美個体がよく入荷しているので、
それをわんさかいれるのもまた妙味ですね~
またアクアレイでお会いしましょう!


コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilovecoral.blog101.fc2.com/tb.php/32-6b348aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Reef Ring1.023worldList Ranking
Prev5 PrevNext Next5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。