Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後のブログ

お久しぶりです。
ここのところ、アクアから大分遠ざかっていまい、水槽もほとんど眺めていません。
辛うじて、添加だけは続けていますが、かなり適当になってますw

幸いにも、水槽の方は安定していて、落ちる個体もなく、すくすくと成長しています。

さて今年一年。多くのアクアリストと交流をさせて頂き、大変充実した日々を送ることができました^^
これも皆様のおかげと大変感謝しております!ありがとうございました!!

来年も引き続き、充実したアクアライフにしましょう!!
っと言いたいところですが、私はクールダウンする予定です・・・。

理由は、来年の2月末に今の会社を退職し、起業することにしたからです。
今も子会社の役員を兼務してるので、経営は初めてはありませんが、オーナーとしては、初めての船出となります。

起業するとなると、自己資金を用意しなければなりませんし、また内部留保を増やすために、報酬も現状の半分近くまで減らしたので、今までのように自由にお金を使うことができませんw

一時はファンドを回って、外部からの資金調達も視野に進めましたが、最終的には自由を拘束されることを嫌って、大幅にリスクを取りました・・・。

もちろん、水槽を止めることも考えましたが、現状維持であればそんなにコストもかからないので(←意志が弱いw)、適当に回しておくことに・・・。 とはいえ、添加剤の種類も減らしますし、珊瑚も滅多なことでは買わないと思います・・・。

ですから、茶色くなってどうしようもない個体、欠片など、不要な珊瑚がございましたら、遠慮なく引き取りますww

1年後、私がミドリイシを買いあさっていたら、事業が順調なんだと思っていただければと思いますw
その後、ペパーミントエンゼルを注文していたら、IPO間近だと思ってくださいw

ブログも、できる限り続けたいと思っていますので、来年もよろしくお願い致します。

それでは、良いお年を!!!
スポンサーサイト

ミドリイシ飼育の難しさ

ミドリイシの飼育を始めた頃は、キーパーとしての腕や知識、それから飼育機材も不十分なので、色揚げどころか、維持することすら難しかったと記憶しています。

091031_全景


もちろん今では、その当時と比較をすれば、比べ物にならない程、水槽をうまく維持できるようになりましたが、部分的な壊死や(根元の共肉の際など)、完全に落ちる個体が全く無くなったかといえば、そんなことはありませんw 

私の場合ですが、結局のところ、キーパーや機材のレベルが上がっても、それにつれて目標のハードルも上がるので、ミドリイシの飼育が難しいと感じる感覚は、今も昔も変わらない気がします。 

ZEOvitを導入される方の多くが、トーマス・ポール氏のような水槽にしたいと願っていますが、それは自然なサンゴを不自然にする行為であって、つまるところ、サンゴにストレスを与えて弱らせている訳ですよね。

ですから、パステルカラーを維持するためには、そのストレスを上手くコントロールする必要があります。しかしながら、ストライクゾーンは当然狭いので、その枠を超えてしまうと、RTN/STNなどの病気に侵され、溶けることになります。

水質に関わる様々な指標を計測して、明らかな異常値を発見できれば対策も打てますが、そうでないと問題が仮設の域を出ることがなく、結局は解決策を見いだせないことの方が多いです。

20121224_ミドリイシ
 
今の水槽は、立ち上げから10ヶ月が経ちましたが、RTNと思しき症状が発生したのは2個体。一方で根元からジワジワ上がるSTNについては、5個体もありました。うち4つはスギ系です。それから、たちが悪かったのが、病名の分からない症状。張り出し個体の根元、褐色がかった共肉が、一夜にして真っ白になり、その翌日から溶け始めるということがありました。健常部は難を逃れたと思い、これを放置しましたが、それが原因なのか、別の3個体で同様の症状がでました。うち3つは部分的な欠損で済み、成長を続けていますが、原因は未だに謎のままです。

トータルすると、立ち上げから8個体も落としていますorz

ただおもしろいのは、この8個が、2つの時期にまとまって落ちてます。
その時期に水質が下降したのか、それとも悪玉菌が蔓延したのか、またはその両方なのか、明確な理由はわかりませんが、それ以外の時期は非常に安定しているので、調子の良し悪しに波があるように感じます。
私の腕が悪いのはもちろんですが、その辺りが多くの添加剤を使って飼育するZEOvitの難しだと感じています。

111002_全景

そういう意味では、ベルリンの時の方が安定していたように感じます。底砂の厚さもそれに一役買っているもかもしれません。

ただ、ベルリンの場合は一度調子を落とすと、元に戻すのに時間が掛かりますし、その点ZEOvitは、添加剤で修正を加えやすいですから、一長一短ですね。

パステルカラーのミドリイシ水槽なんて、寝てても維持できるっていうぐらい、早く腕を上げたいものですw

最後に。

国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター 「ラグーン No,12」

報告1の論文が非常に興味深いです。ぜひ読んでみてください。おすすめです。
Reef Ring1.023worldList Ranking
Prev5 PrevNext Next5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。