Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reefer's Best Coral Reef Salt

コーラルラボからお塩が届きました~
いまさらですが、Reefer's Best Coral Reef Saltです!

今までヴィーソルトを使っていましたが、特に不満も無いので、乗り換える必要があるのかどうか、しばらく検討していましたが、ベテランの方々に評価を聞いたところ、「サンゴの生存率が高まった」とか、「換水後のポリプの出方が凄い」などの使用感を教えてもらったので、ものは試しと1箱だけ注文してみました。

20121020_Reefer's Best Coral Reef Salt
※暗いですねw Flashをたくのを忘れました(^^;

マニュアルには、高品質としか書いてありませんが、なぜ高品質なのか、他社と何が違うのか、その辺りもう少し明かして欲しいところですよね~。
水換えは、2週間タームで全水量の5%で良いそうですが、ヴィーソルトも高品質なので、マニュアルに則るなら、同じ換水量で良いのではないかと思います。

まだヴィーソルトが残っているので、それを使いきってから、使い始める予定です。使用感は今後レポートしていきますね!

20121020_Reefer's Best Coral Reef Salt

さて、T5の故障を境に調子をやや崩していた水槽ですが、徐々に安定してきました(^^

ちなみに、前回の記事でポリプの出が悪くなったと書きましたが、理由が分かりました。
水質を疑っていたので、そちらに気をとられて気がづきませんでしたが、

犯人は「アフリカンピグミーエンゼル」ですww

よく見ていると、ライブロックやパワーヘッドのコケを突っつく流れで、ミドリイシのポリプを突っつきます。消灯時以外は常にこの流れを繰り返してますね。しかも、フィジーのユビが特にお気に入りのようで・・・。

消灯時にミドリイシを確認すると、どの個体もポリプ満開だったので、なぜ急に点灯時に出さなくなったのか、不思議で仕方がなかったのですが、灯台下暗しでした・・・。

とはいえ、こいつを何とかしたいw っが今更取り出すこともできないので、放置するしかないですね・・・

20121020_Reefer's Best Coral Reef Salt

水槽が安定してきたので、ツツハナガサミドリイシを入れてみました。初めて珊瑚堂で購入した個体ですが、ツツハナ自体も、実は初めてだったりします。ピンクというかパープルというか、そんな色合いで、大変美しいです。
ちなみに、アフリカンピグミーエンゼルは、ツツハナには興味が無いらしく、おかげでポリプ満開ですw

それではまたー!
スポンサーサイト

調子悪っ!トリガーはT5の故障

ちょうど3週間ぐらい前でしょうか。仕事から帰宅して、いつもどおり水槽を眺めていると、なんとなく暗い。「あれ~?」っと思い、T5をチェックすると、チャンネル1の2本が点灯していません・・・。

コンセントを抜き差ししたり、叩いたりw、あれこれ試しましたが、全く復旧しません(泣)

以前から、T5の安定期は不具合が多いと聞いてはいましたが、まさかこんなに早く故障するとは・・・。

20121013_T5

早速、購入先のPremium Aquaticsに連絡をしてみましたが、彼らは在庫を持っておらず、またATIのスタッフがMACNAで出払っており、すぐに取り寄せができないと言われる始末。

いずれにしても、彼らのスピード感だと1ヶ月はかかると思い、海外発送が可能なショップに、ひと通り問い合わせをしました。幸いにも、カナダのショップに在庫がありましたが、在庫していたのは、ここだけですw

http://www.reefgeek.com/

っということで、ATIのT5を並行輸入された皆さん。このお店を頭に入れておいてくださいねw
さてさて、発注から1週間、昨日ようやく安定期が到着しました。

20121013_T5

せっかくなので、ここからは写真多めでレポートしていきますw

まず、蛍光管を全て外した後、T5本体の六角ネジを全て取り外します。もちろん海外仕様なので、cmではなくinch企画のレンチが必要です。次にコードのストッパーをペンチで引っこ抜きます。

20121013_T5

あわせて、クーリングファンも取り外します。

20121013_T5

次に、本体をスライドさせますが、調光タイプはこの時に注意が必要です。予め液晶&コントローラーの部分を、押し込んで、カバーから外しておく必要があり、知らずにスライドさせると、基盤が壊れたり、コードが破損する恐れがあります。スライドする時は、電源コードを穴に押し込みながら、進めていきます。

20121013_T5

T5は1つの安定期で2本の蛍光管に電力を供給します。8灯だと4本の安定期が入っています。
故障した1本を取り出し、新しいものと交換をします。

20121013_T5

安定期には複数のコードが差し込まれているので、つけ間違いのないよう注意が必要です。

20121013_T5

換装したら、点灯テスト。今回は無事に復旧することができました・・・。

20121013_全景

さて、水槽の方はどうかというと、この故障を境に調子を崩しました・・・。
なんせ6灯で900×600×600の水槽をカバーしていたので、仕方がないといえば仕方がないですWW

まず、上記の写真のパステルグリーンのフィジーのスギ。根本の一部が少しだけ白化しました(;; すぐに接着剤で補修をしたので、進行はしていませんが、悔し過ぎます。

また正面の黄色のハナガサ系のフィジー。根本にあった小指ほどの短い枝が1本溶けました。すぐにへし折って対処したので、これも大事には至っていませんが、やはり残念です。中央下の方に少しスペースができているのが、分かりますかね?

それだけではありません、先日ナチュラルで購入したパープルのスギも根本から禿げました。こちらは進行が早かったので、健常部のみ残し、捨てました。それから同日に購入したブリードのハイマツも下部をやられました。こちらは、進行が止まっているので、放置していますが、ここから復活してほしいものです。

20121013_全景


また、全体を通してポリプの出が悪くなってしまいました。故障前はどの個体もポリプ全開でしたが・・・。

安定期を交換するまでは、水質も悪化したのではないかと疑いましたが、換装したのち、ポリプの出が少しづつ上がっているようなので、光量不足ないしは、波長不足が主だった要因だと思われます。

とはいえ、色落ちした個体はなく、また完全に落ちたのは、上記のパープルスギだけなので、これを不幸中の幸いということにして、また少しづつ調子をあげていきたいと思っています。

そうそう。先日、mjnecoさんに誘われて、ナチュラルに行ってきましたよ。
私は水槽の調子悪いので、生体は購入しませんでしたが、彼は上質な個体をGetしていましたよ。

ではまたねー。
Reef Ring1.023worldList Ranking
Prev5 PrevNext Next5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。