Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア産ミドリイシ

ここ最近は、ず~っと生体を追加していませんでしたが、B-BOXにオーストラリア産のミドリイシが入荷したというので、土曜日に八潮店へ行ってきました!

実は私、オーストラリア産のミドリイシを見るのは初めてなんです・・・。
ブロガーの方々が掲載している写真は何度も見ていますが、関東だとコンスタントに入荷しているのは、アクアラヴァーズぐらい? そうは言っても成田までは腰が重い・・・っということで、今回がお初となりました。

20120731_オーストラリア産ミドリイシ

購入したのはこちらの個体。枝が蛍光パステルグリーンで先端がピンク。

20120731_オーストラリア産ミドリイシ

横幅は15cmぐらい?あるので、オージーの中では大きめなサイズだと思います。厚みも結構あります。

っで他にも、定番のストロベリーとか、ブログで見かける固体は、だいたい入荷してましたが、お持ち帰りは1つだけ。何故かというと、コストパフォーマンスがイマイチだったので・・・。
例えばストロベリー、横幅12-14cmぐらいの固体で42,800円!もします。2-3cmの固体でも9,800円はしますので、
これならクラウンの大量入荷で、フィジーの極上を狙ったほうが良いと判断しました。

20120731_シライトイソギンチャク

そしてなんと、シライトイソギンチャク(1,580円也)を買ってしまいましたw
以前からハマクマノミを2匹入れているのですが、岩場を寝床にしている姿を見て、可愛そうに思い・・・つい。
SPS中心のZEOvit水槽で、イソギンチャクを入れるのは稀ですが・・・シライトは岩場と砂地の隙間に、根を張る習性があり、また我が家のレイアウトは、岩を積み上げているので大丈夫でしょう・・・。

実際に、若干移動はするものの、今のところ上には上がってきませんw
そして、クマノミ達も気持ち良さそうです。

カラーパターンは、ライトブルーグリーンにパープルチップ。なかなか美しいですよ~ 

20120731_前傾

さて、最後に全景。これでも後ろ半分ぐらい開いてます。まだまだ入りますね~ 後ろはさらにライブロックを積み上げて、ひな壇にしていく予定です。

そうそう、以前記事にしたT5。まだ来ません!担当は2-3週間とか言ってましたが、案の定、1ヶ月経っても到着しません。ブレないな~ 感心感心w

それではまたー!
スポンサーサイト

ZEOvit立ち上げから半年

早いもので、2度目のZEOvit立ち上げから、もうじき半年。
前回はベルリンからの移行でしたが、フルリセットは今回が初めて。

各種パラメーターも安定し、今のところRTNやSTNなどの病気に悩まされることもなく順調に立ち上がってます。

ここ最近は、ショップめぐりをすることも無く、2ヶ月ほど生体を追加していませんが、既存の固体は、変化が著しい。

20120717_ミドリイシ

上記の写真はフィジー産のユビ系ミドリイシ。立ち上げ10日で入れたので、大部成長しています。色もパステルブルーに色揚がりしました。水槽前面に配置しているので、光のあたり具体はイマイチですが、T5で真上から落とせば、さらに濃くなる思います。



20120717_ミドリイシ

もちろん全ての固体が変化しているわけではないのですが、複数の固体が同時にパステル化し始めています。
これまでのように単体での変化ではなく、波を感じる。まさにZEOvitの効果を実感するタイミングだと思います。

20120717_ミドリイシ 

またここ最近の気づきとして、SPUR2の効き目がやばいです。それまでは、規定量を週一で添加していましたが、ウスエダ(2枚目の写真の右下)の先端が1日で白くなってしまいました。その後は、規定量の半分に添加量を抑えて様子をみましたが、今度は2枚目の黄緑のエダの色が、1日で薄くなりました。

これまでは規定量を入れも大した変化は無く、褐色化抑制のつもりで入れていましたが、今後は添加量を下げる、いやそもそも添加しないほうが賢明かもしれません。

上記のウスエダは、色素が飛んだので、色の再現が難しいと思われましたが、少しづつパープルに戻り始め一安心。

さて、先日注文したATI Sunpower Dimmable 39W×8ですが、メーカー在庫切れだそうです。
先週の時点で2-3週間掛かると言っていましたが、スケジュール通りに届くとは思えないので、忘れた頃に届くと思いますw

私の場合はMazarraから乗り換えますが、この商品は悪くないです。
半年近く使っていますが、色上がりもしますし、成長もします。ただ固体によって好き嫌いはありそうですね。
また、照射範囲が狭ので、多灯が前提です。私の水槽は900×600ですが、SPSを敷き詰める場合には5灯は必要だ感じました。

結局照明は、それぞれにメリット・デメリットがありますが、何を優先するかでチョイスが変わりますよね。
私の場合は、色揚げ重視。もちろんLEDでも細かく調整すれば、十分に機能を発揮するでしょうが、細かく設定できる分だけ、使ってみると私の性格上面倒に感じました。

これまで、メタハラ→LED→T5と移行していますが、全てを使ってみて何がベストか、自分なりに見極めてみたいと思います。

さて、今週は久々に買出しに出かける予定です。
Reef Ring1.023worldList Ranking
Prev5 PrevNext Next5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。