Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンガ産ミドリイシ

5月1日午後10時。 閉店後のクラウンフィッシュにお邪魔してきましたよ~
何故なら・・・。待ちにまったトンガ産のミドリイシが到着するからです!


大きな地図で見る

トンガと言えば、フィジーの東南に浮かぶ小さな島。
私自身、トンガのSPSは見たことがないので、そりゃーもう楽しみにしていました。

20120506_トンガ産ミドリイシ

そして成田からの到着を待つこと1時間。
ついにとーちゃくしましたよー!!
やや小ぶりですが、パステルかつ色のはっきりとした固体が多い印象を持ちました。

20120506_トンガ産ミドリイシ

そして販売水槽へ。
iPhoneで撮影をしたので、見づらいですが、綺麗でしょ?

20120506_トンガ産ミドリイシ


特にエダ系は、フィジーでは見かけない独特の形状が印象的。ハイマツも、いくつかありましたが、インドネシアのようにピンクやイエローが濃くのるというよりは、まさにパステル。ハナガサ系は、形状がインドネシアに近いものの、カラーは褐色がほとんどのってないので、透明感があり、美しいです。また浅場ロリペス風の固体もあり、先端がパステルパープルで、ポリプがグリーン。凄く綺麗でしたが維持が難しそうなので、PASSしました・・・。トゲはピンクが中心で、先端がグリーンに色揚がってる固体が多いです。このバリエーションは、他でもよくみかけますが、トンガのトゲは、先端の2mmぐらいしかグリーンになっていません。またエダぶりが細いのもあいまって、レアな印象を受けました。

さて、日付が変わるまで吟味して3つほどGetしましたよ!
早速、水槽に投げ込んだので、ご紹介しまーす。


20120506_トンガ産ミドリイシ

中央の2つの固体です。左側はハナガサ系。写真だと分かりづらいですが、先端から中ほどまで濃いパステルブルーがのってます。右側はハイマツ系。ベースがパステルイエローグリーンで、先端がピンクです。

20120506_トンガ産ミドリイシ

3つめは、濃いパープルのエダです。この固体はトンガ独特なので、記念に・・・。
小ぶりなので、長期飼育を心がけて大きくしてみたいです。

さて最後に。ゼオライトの交換時期なので、試しにこんなものを買ってみました。
その名もZeolith! メーカーはT5でおなじみのATI。日本ではPRSが輸入しているようです。
特徴は何と言ってもその安さ。1kg,2kg,5kgパックがあり、1kgで2,300円。5kgだとkgあたり1,600円ほど。ZEOvitは3,000円ぐらいするので、効果に違いが無ければ、乗り換えるかも? ちなみにクラウンフィッシュでは、3年間これを利用しているそうで、違いは全く感じない! とおっしゃっていました。あと、ゼオライトの細かな欠片が混入していない点も好感がもてます。ZEOvitはこの欠片がNEWバージョンから増量されていますが、リアクターを攪拌するときに目詰まりするんですよね・・・。バクテリアの繁殖にはそのほうが良いのかもしれませんが・・・。

20120506_Zeo

でも純正も捨てがたいですね。安心ですし、KZはブランド力あるしw

それではまたー!

スポンサーサイト
Reef Ring1.023worldList Ranking
Prev5 PrevNext Next5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。