Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシアはパステルミドリイシの季節

前回の記事でパステル系のミドリイシにはまりそうだと書きましたが、なんとも絶妙なタイミングで、アクアレイにパステルミドリイシが大量入荷しました・・・。

入荷した個体の約9割がパステル系なので、販売水槽の美しさは相当のものでしたよ。
ちなみに、これだけのパステルが一度に入荷するのは、この時期特有なんだそうです。

100626_パステル系ミドリイシ

購入したのは、写真右側のAcropora microclados。極めてうす~いパステルグリーンをベースに、枝中ほどからパープルブルーに色づいています。

さっそく先日購入したパステル系ミドリイシと併せてレイアウトしてみました。

写真では暗くて分かりづらいのですが、それぞれの個体を枝状ライブロックに高低差をつけレイアウトすることで、BONSAIのようなイメージしてみました。

この美しさは尋常ではないです。卒倒しそうです(笑)

ちなみにパステル系のミドリイシは、メタハラなどの灯りが消えても、褐色に見えず、点灯中とほぼ変わらない状態で見えるって知ってました?

やはり次に立ち上げるタンクは、パステル水槽にしようかな・・・。
スポンサーサイト

インドニシキの幼魚とパステル系ミドリイシ

先週末の日記を今頃書き始めたいと思います(笑)

さて当日は、アクアステージ21に行ったのですが、入店早々インドニシキの幼魚に目が止まってしまいました・・・。
普段であれば、水槽に入れたいなーと思いつつも、ついついアクアレイでミドリイシを買ってしまうので、スルーしていたわけですが、あまりの状態の良さに、購入検討モードへ!

まず、入荷間もないにも関わらず、投げ込む餌を、フレークだろうが、メガバイトだろうが、なんでも凄まじい勢いで啄みます。また手を差し伸べて少し驚かせてみても、ヤッコ特有のStop and GOで機敏な動きを見せる。肉つきも5cmの幼魚とは思えないほどパンパンです。

さらに、値段もかなり安く提示してくれたので・・・。


100617_インドニシキ

入れてしまいました!自宅の水槽でも、餌を爆食いしています。
我が家では硝酸塩が増えるのを避けるために、餌はあまり多く与えないのですが、食べ足りないのか、ガラス面についたコケまで突っつく始末。

食いしん坊にも程があります!(笑)

いや~ それにしても、小さくて綺麗で、とても可愛い~

シマヤッコと喧嘩することもなく、一安心です。

さて、先日アクアレイで買ったパステルカラーの2つのミドリイシ。2週間が経ちましたが、パステルカラーを維持しております。

100618_パステル系ミドリイシ

写真はスーパークール115のディープブルーを当てて撮影しているのですが、ピーク時は、コーラルグロー1台と、スーパークール2台の計550Wが当たる最も明るい場所に置いてます。基本は深場中心なので、そんなに多くの灯具は使用していないのですが、できうる限り光を当てて、褐虫藻を殺藻し、硝酸塩を低く保つよう意識しています。

今までは深場ミドリイシに夢中だったのですが、どうやらパステルミドリイシにはまってしまったようです。
パステル系は中場が多いので、我が家の深場水槽ぐらいの灯りがちょうど良いように思えます。

癒されます・・・。

そうそう、パステル系ミドリイシの情報を集めていたら、シーワールド東海という名古屋のお店をWEBで見つけました。
ここのお店もインドネシアから引っ張ってきているようですが、上物個体がコンスタントに入荷している模様。。
写真で見る限り、全体の質が結構高いように思いました。しかも・・・安い。

今後要チェックです。

蛍光色のパステル系ミドリイシ

毎月恒例ですが、今回もアクアレイの大量入荷に併せて、お店に足を運んできました!

いつもながら激美個体ばかりですが、特に目を引いたのが、
「蛍光色のパステル系」ミドリイシ群。
張り出しタイプのものから、スギ系まで、眩いばかりのミドリイシでてんこ盛りでした。

そのほか、、アクアレイのブログにも掲載されていましたが、ピンクのスギが1つだけ入荷してました。
初めてみましたが、かなりレアな一品だと思います。

そんな中、
私が今回購入したのは、蛍光色のパステル系のミドリイシ。

100605_パステル系ミドリイシ

まずは、この個体から。色はベースがピンクで、ピグメがライトパープル。
まるでガラス細工のような透き通った質感を醸し出しています。
この個体は海底では1m四方ほどの大きさがあったそうで、
15~20cmぐらいの大きさに切り取った3個体を持ち帰ったとか。

他2つも常連の方が持って帰られましたが、
ご面識のある方々なので、次回お会いしたときに、それぞれの個体がどう色上がりしたかを
お話させて頂くのがとても楽しみです

100605_パステル系ミドリイシ

2つ目はイエローのこの個体。質感は上記と同様にガラスのよう。
写真では楕円形に見えますが、実際は正円に近い形をしていて、
直径はおおよそ17cmもあります。
水槽に空きスペースに収まるか非常に心配でしたが、
試行錯誤の結果、なんとか収まりました(笑)

色形ともに文句なしです。

100605_パステル系ミドリイシ

水槽中央から右に向かってのスナップショット。

100605_全景

そして久々の全景です「。
もうミドリイシを入れるスペースはどこにもありません。

そろろそ年末を目標に、サイズアップを計画したいと思ってます!

それから照明も追加しましたよ!
スーパークール115のディープブルー散光です。
やはり中場~深場ミドリイシは映えますね。

Reef Ring1.023worldList Ranking
Prev5 PrevNext Next5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。